首都高講座 4限目:レインボーブリッジ開通15周年 東東京管理局

「首都高講座」は、首都高速道路における工事の現場や施設、車両などを見学できるイベントです。
4限目は「レインボーブリッジ開通15周年 東東京管理局」が行われました。

photo

「首都高講座 4限目:レインボーブリッジ開通15周年 東東京管理局」では、東東京管理局と開通15周年を迎えたレインボーブリッジについて学びます。

首都高速道路の東東京管理局へ集合、14時より開始となります。抽選に応募して当選した高校生以上の5組9名が参加しました。
見学におけるスケジュールや注意事項などの説明を受けます。

首都高速道路は、東東京管理局・西東京管理局・神奈川管理局の3地区に分けて管理されています。それぞれの管理局に交通管制システムがあり、保全点検がなされています。

東東京管理局の建物にある「交通管制室」へ移動します。

photo

カーナビやラジオよりも新しい首都高速道路の交通情報が、巨大なグラフィックパネルとモニター画面にリアルタイム表示されています。

photo

photo

パネルには、交通の状況が色分けして表示されています。赤色で表示されている道路は20km/h以下の「渋滞」、橙色で表示されている道路は20km/h〜40km/hの「混雑」となっています。この時は目立った渋滞もなく、車の流れが非常に順調でした。

開通15周年を迎えたレインボーブリッジへ移動します。
一般の人がレインボーブリッジの内部に案内されるのは、今回が初めてです。

レインボーブリッジは、東京都港区の芝浦とお台場とを結ぶ吊り橋です。
1987年(昭和62年)に着工、1993年(平成5年)8月26日に開通しました。全長は798m。2008年(平成20年)である今年で15周年となります。

photo

橋は、上下2層構造になっています。上層には首都高速道路11号台場線、下層には中央部に臨海新交通システム・ゆりかもめ、その両側に一般道路東京都道482号台場青海線の車道と遊歩道であるレインボープロムナードが通っています。

レインボーブリッジは、芝浦側と台場側にそれぞれ塔「主塔(しゅとう)」と橋台「アンカレイジ」を設置、橋の両側に2本の「メインケーブル」を張り、道路となる「桁」を「ハンガーロープ」で吊ってつくられた吊り橋です。芝浦側の主塔と台場側の主塔との間を「中央径間」、それぞれの主塔とアンカレイジとの間を「側径間」と呼びます。

ヘルメットや安全帯を装着します。まずは、吊り橋のケーブルを固定するために設置された巨大なアンカレイジの内部へと移動します。

photo

アンカレイジの平面寸法は45m×70mです。主塔から張られたケーブルを、アンカーフレームに固定する役目を持っています。

芝浦側にあるアンカレイジの内部へ入りました。レインボーブリッジのケーブルが束になって固定されています。束ねられた上部から固定されている下部までの長さは35mあります。巨大であることは、下部にある階段の大きさと比べるとよくわかります。

photo

1本のケーブルに、素線127本からできた「ストランド」を中央径間で127束、側径間で130束が使われています。つまり橋の両側、2本のメインケーブルを合わせると、素線の数は中央径間で127×127×2=32,258本、側径間で127×130×2=33,020本となります。

ケーブル張力点検の実演が行われました。ケーブルの張力を測定することで、橋の状態を把握することができます。詳細点検項目は22あり、点検結果を総合的に分析することでレインボーブリッジが健全であるかどうかを判断しています。

photo

photo

アンカレイジの内部にはエアコンが4台設置され、温度と湿度が一定に保たれています。

レインボーブリッジは67m/sの強風に耐えられるよう設計されていて、これまでに記録された架設地点での台風の最大風速は40m/sでした。大きな地震にも耐えることができるようになっています。

photo

photo

橋の裏側を点検するため、道路の下側に3つの「ゴンドラ」が設置されています。ゴンドラの一部が延びたり縮んだりすることで隅々まで点検が可能になります。点検には約1ヶ月がかかります。

芝浦側の主塔の、塔頂部へと移動します。海面から125mある塔頂部へは、点検用のエレベーターを使い、4分ほどかけて昇ります。40階建ての超高層ビルとほぼ同じ高さです。

photo

主塔の中に4つあるエレベーターも1ヶ月に1度、梯子を利用して点検が行われています。

塔頂部の下は首都高速道路となっているため、小さな落下物が重大な事故を引き起こします。当日は風が強いということもあり、携帯電話やカメラでの撮影は禁止となりました。

点検は、直径0.8mのメインケーブルの上を歩いて行われます。約1.9kmにもなる橋の両側のメインケーブルを、約1週間かけて点検します。

芝浦側の主塔と台場側の主塔は570m離れて垂直に建っています。しかし、地球が丸いため、それぞれの塔頂部は570m11ミリ離れているとのことです。

点検用のエレベーターを使い、3分ほどかけて降ります。ここにて「首都高講座 4限目:レインボーブリッジ開通15周年 東東京管理局」は終了となります。

photo

東京臨海部と都心とを結ぶ役割を担うレインボーブリッジは、東京の景観を代表する都市の発展に欠かせない存在として、今後も維持されていきます。

公式:首都高速道路株式会社 | 首都高講座