首都高速道路 中央環状品川線 大井JCT鋼桁架設工事(夜間通行止:湾岸線西行き)

中央環状品川線は、中央環状線の南側部分にあたる、整備が進む首都高速道路。
1号羽田線(上り)と湾岸線、湾岸線と中央環状品川線の接続箇所となる大井JCTでは、湾岸線西行きを夜間通行止にして、鋼桁架設工事が行われました。

photo

大井JCT(おおいジャンクション)は現在、1号羽田線(上りのみ)と湾岸線とを結ぶ箇所として供用されています。同じ箇所に中央環状品川線を接続することで、湾岸線と3号渋谷線・4号新宿線・5号池袋線を結ぶ中央環状新宿線とが接続することになります。

photo
パンフレット「中央環状品川線」より引用

中央環状品川線は、1号羽田線・2号目黒線と接続しません。道路が完成して大井JCTから中央環状品川線に入ると、五反田出入口があり、その次は3号渋谷線と接続する大橋JCTとなる予定です。

大井JCTでは、巨大なクレーンを使って、湾岸線と中央環状品川線とを結ぶための橋梁がつくられています。架設工事は大がかりとなるため、深夜に4回、湾岸線と国道357号の一部を通行止めにして行われます。2回目は「首都高速道路 中央環状品川線 大井JCT鋼桁架設工事(夜間通行止:湾岸線東行き)」、今回は4回目となります。

photo
工事の概要等より引用

これまでの中央環状品川線は、以下をご覧ください。

首都高速道路 中央環状品川線

この日は、4回にわたって行われた橋梁の架設の、最後の鋼桁(こうけた)が吊り上げられます。

photo

22時、通行止めとなった湾岸線西行きの上で、架設工事が始まります。

横浜方面へと向かう、湾岸線西行き方面を望みます。

photo

photo

将来、大橋JCT方面からの車が来る、中央環状品川線方面を望みます。

750トン吊りクローラクレーンを使って、橋梁の鋼桁が吊り上げられます。クレーンは、マスターテック7800です。

photo

photo

鋼桁は、国道357号地内で組立てられてました。

23時過ぎ、目で見てわかる早さで鋼桁が吊り上げられていきます。

photo

photo

鋼桁は水平に移動します。

すでに架設されている鋼桁の上でも作業が行われています。

photo

作業する方々が、吊り上げられた鋼桁の下からのびるロープで位置を調整をしています。

一度、動き始めた鋼桁は途中で止まることなく、一気に移動するように見えます。

photo

photo

今回の接続箇所へと近づいてきます。

鋼桁の中からも作業が行われています。

photo

作業する方々の目視により、慎重に作業が行われています。

0時頃、外から目で見ることができるような大きな作業は完了しました。

photo

photo

通行止めをともなう「大井JCT鋼桁架設工事」は、今回で最後となります。

中央環状品川線が開通することで、「渋滞緩和」「経済力強化」「防災力強化」「環境改善」など、圧倒的なメリットが生まれます。
新宿と羽田空港との所要時間が約40分から約20分に短縮されます。

公式:東京SMOOTH(トーキョースムース)