浦安市交通公園

交通公園は、公園の中にある交通関連の施設や交通遊具を利用して、交通ルールを学ぶことができる公園。
日本全国の各所にある交通公園のひとつ、千葉県浦安市にある浦安市交通公園へ行ってみました。

photo

「浦安市交通公園(うらやすしこうつうこうえん)」には道路・交差点・信号機・道路標識などがあり、貸し出される自転車やバッテリーカーを使って交通に関するルールを知ることをできます。

JR京葉線の新浦安駅で下車、徒歩8分のところに浦安市交通公園はあります。
公園は若潮公園に隣接していて、様々な広場の一部である乗物広場として位置づけられています。交通公園の開園は、通常期間が午前9時〜午後4時30分、夏期期間は午前9時〜午後5時30分、と時間が決められています。

photo

コースには立体交差もあります。

子どもは乗物貸出ターミナルで自転車・補助付自転車・三輪車・小型四輪車を無料で借りて、公園の中につくられた道路を走ることができます。大人が運転して、子どもといっしょに乗る大型四輪車も用意されています。マイ自転車やマイバッテリーカーなど、外から持ち込んだ乗りものを利用することはできません。

photo

photo

外周を歩いてみます。交通公園ではめずらしいレンガ敷の道路が、公園の中を縫うように通っています。
信号は5カ所に設置されていて、交通公園では見る機会が少ない矢印式信号機もあります。先には踏切があり、大きな掲示で止まるべきことを警告します。

photo

photo

乗物貸出ターミナルへと戻ってきました。

外周のコースの中を通る「坂道コース」と「中コース」は混雑または路面の状態により転倒などの危険があるため、閉鎖されています。危険の防止であれば、閉鎖は仕方がありません。

photo

photo

中コースの両脇には、幼児用乗物広場やバッテリーカー広場があります。

坂道コースは上、中コースは下を通る立体交差となっています。規制標識「高さ制限」が設置されています

photo

photo

立体交差の上から見ると、外周のコースとの合流箇所を見渡すことができます。

大型四輪車に乗れば大人もいっしょに走行することができるため、子どもはより深い交通に関する知識を学ぶことができます。

photo

交通のルールを楽しみながら学ぶことができる交通公園。ふとした用事のついでや、道路ファンとしての癒しの場として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【開園時間】通常期間(下記以外の日)午前9時〜午後4時30分
      夏季期間(7月21日〜8月31日)午前9時〜午後5時30分
【休園日】月曜日(祝日の場合は翌日)ただし夏季期間は全日開園・年末年始(12/29〜1/3)
【所在地】千葉県浦安市美浜2-15-1
【行き方】JR京葉線 新浦安駅 徒歩8分
     東京ベイシティ交通バス(2・5・14・22・23系統) 若潮公園 下車
     おさんぽバス(医療センター線)23・若潮交通公園 下車、(舞浜線)29・若潮公園 下車
【駐車場】64台 2時間まで
(2011年2月20日現在)