圏央道(相模原愛川IC~高尾山IC) 開通式

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、首都圏中心部から半径約40km〜60kmの位置に環状として計画されている、延長約300kmの高速道路です。
2014年(平成26年)6月28日、圏央道の一部となる相模原愛川IC~高尾山ICの開通に先立ち、相模原IC付近で「圏央道(相模原愛川IC~高尾山IC) 開通式」が行われました。

photo

神奈川県と東京都をつなぐ圏央道の、相模原愛川IC(さがみはらあいかわインターチェンジ)~高尾山IC(たかおさんインターチェンジ)の延長14.8kmが、2014年(平成26年)6月28日15時に開通します。

今回の圏央道の開通で、東名高速道路・中央自動車道・関越自動車道が結ばれます。

photo
「圏央道(首都圏中央連絡自動車道)相模原愛川IC〜高尾山IC開通 中日本高速道路の高速情報」より引用・加筆

圏央道とつながるのは、東名高速道路の海老名JCT(えびなジャンクション)・中央自動車道の八王子JCT(はちおうじジャンクション)・関越自動車道の鶴ヶ島JCT(つるがしまジャンクション)です。
郊外から郊外へと移動するために都心を通っていた6割もの車の多くが圏央道へ流れることにより、都心を通る道路の渋滞が緩和されます。

10時、開通式の式典が、もみじホール城山で始まりました。約250人が出席しています。
開式・主催者挨拶・来賓祝辞・来賓紹介・祝電披露・主催者お礼の挨拶・閉式と続きます。

photo

photo

東京都の舛添知事は「圏央道がつながることで、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場を見直すこともありうる」、相模原市の加山市長は「開通を生かして、首都圏南西部における交流の拠点を目指したい」、神奈川県の黒岩知事は「圏央道で、海のない県に住む人が観光として神奈川の海へ来てもらいたい」と述べました。

圏央道の本線に場所を移動して、開通式のセレモニーが行われます。
セレモニーが始まる前に、開通まで約4時間にせまった圏央道の本線を見てみることにします。

圏央道の外回り、高尾山IC方面・八王子JCT方面です。セレモニーのゲートが用意されています。

photo

photo

先には、相模原IC(さがみはらインターチェンジ)が見えます。相模原愛川ICと高尾山ICの間に位置するインターチェンジで、今も建設が進み、2014年度(平成26年度)に供用する予定となっています。

圏央道の内回り、相模原愛川IC方面・海老名JCT方面です。相模原ICの真下となります。

photo

photo

「30.0」との表示があります。圏央道がすべて開通した際の、茅ヶ崎JCTから30kmの地点となります。

相模原愛川IC方面・海老名JCT方面の圏央道と、相模原ICとの合流箇所です。

photo

photo

招待された地元の方々がセレモニーのパレードを見るため、内回りの側道で待っています。

トンネルの手前では、緊急の際に内回りと外回りが行き来できるよう道路がつながっています。

photo

photo

「1500m先に登り坂あり 速度低下注意」と標示されています。トンネルの中に勾配があり、運転手は登り坂で減速していることに気づかず、渋滞を起こしてしまうためです。

小倉山トンネルです。長さは2,100メートルあります。

photo

photo

照明器具からの光を進行方向に照射することで、先行車両に対して安定した視認性を得ることができるプロビーム照明方式が採用されています。

緊急の際に使用する非常電話や消火栓が設備されています。

photo

photo

苗木が植えられ、きれいに整備されています。

セレモニーで使用される、電気自動車(EV)が用意されています。電気自動車は自動運転します。

photo

11時45分頃、相模丘中学校吹奏楽部の演奏とともに、開通式のセレモニーが始まりました。予定されていたテープカットとくす玉開きは、雨天のため中止となります。
関係者を乗せた様々な車両が、ゲートから圏央道の外回りを進み、相模原ICを折り返して内回りを通って、相模原愛川ICまで移動します。

photo

photo

神奈川県警察を先頭に、相模原市消防局・陸上自衛隊・国土交通省(対策本部車・リフト車)・運送会社(日本通運・ミヤコ陸運・相模運輸)など、約70台が走ります。

photo

photo

かながわ観光親善大使の新垣里沙さんとカナガワニも参加しています。

ここにて「圏央道(相模原愛川IC~高尾山IC) 開通式」は終了となります。
この日は15時からの「圏央道(相模原愛川IC~高尾山IC) 開通初日」へと続きます。

photo

今回の開通により、圏央道は計画のおおよそ65%にあたる約195kmが供用されました。
圏央道の整備により、広域ネットワークが形成され、都心への通過交通の抑制が期待されます。

参考:3環状(圏央道・外環・中央環状)「東京を変える道路・首都圏を変える道路」