伊勢原ジャンクション 夜間橋梁架設工事

伊勢原ジャンクションは、東名高速道路と新東名高速道路が接続するジャンクションです。
2014年(平成26年)12月6日、東名高速道路の一区間を夜間通行止にして、伊勢原ジャンクションで夜間橋梁架設工事が行われました。

photo

新東名高速道路は2014年現在、御殿場JCT(ごてんばジャンクション)から浜松いなさJCT(はままついなさジャンクション)の区間が供用されています。新東名高速道路の起点となる海老名南JCT(えびなみなみジャンクション)から御殿場JCTまでの区間は、2020年度(平成32年度)までに開通が予定されています。

photo
「NEXCO中日本 ニュースリリース」より引用

2014年(平成26年)12月6日23時から12月7日5時まで、東名高速道路と新東名高速道路が接続する、東京にもっとも近いジャンクションとなる伊勢原JCT(いせはらジャンクション)で、夜間橋梁架設工事が行われました。

photo
リーフレット「東名夜間通行止 厚木IC〜秦野中井IC」より引用

東名高速道路の厚木IC(あつぎインターチェンジ)から秦野中井IC(はだのなかいインターチェンジ)は、23時から5時までの約6時間、通行止めとなります。

伊勢原JCT付近には、現場見学会会場が設置されています。暖を取るためのストーブや飲み物、工事の概要についてのパネルが用意されています。

photo

今回の橋梁架設工事で使用されるクレーンの模型があります。
国内最大級となる1250トン吊りクローラクレーンを使って、橋梁の鋼桁が吊り上げられます。クレーンは、ミックが所有するCC8800です。

photo

クローラクレーンは、大型トレーラー67台分の部品を約14日間かけて組み立てられました。総重量は約1700トンとなっています。
首都高速道路 中央環状品川線 大井JCT鋼桁架設工事(夜間通行止:湾岸線東行き)」も、1250トン吊りクローラクレーンが使われました。

東名高速道路(上り線)から新東名高速道路(上り線)へ向かう「Dランプ橋」が、東名高速道路の本線の上に架設されます。

photo
パンフレット「伊勢原ジャンクション 夜間橋梁架設工事の概要」より引用/クリックすると拡大します

新東名高速道路の本線となる「南三間橋(上下線)」や、東名高速道路(下り線)から新東名高速道路(下り線)へ向かう「Aランプ橋」の架設は、2015年度(平成27年度)に予定されています。

東名高速道路の下り線わきの、Dランプ橋の近くへ移動します。
Dランプ橋は橋長:93.2メートル、幅員:7メートル、架設重量:約295トンです。

photo

photo

0時頃、1250トン吊りクローラクレーンにより鋼桁が吊り上げられます。

1250トン吊りクローラクレーンは、移動させる距離が短ければ、1250トンのものを吊り上げられることができます。今回は移動する距離が長いため、約295トンの鋼桁の移動に1250トン吊りクローラクレーンが使われました。

約30分ほどかけて、Dランプ橋が回転します。

photo

photo

地面からクレーン先端までの高さは約60メートルあります。

約30分ほどかけて、クレーンが旋回します。Dランプ橋が、東名高速道路の上へと移動します。

photo

photo

位置の調整が行われます。

定点による、タイムラプス動画です。240倍速となっています。

クリックすると再生します

橋脚の上での作業が行われています。Dランプ橋が橋脚の上に降ろされていきます。

photo

photo

無事に架設が完了して、東名高速道路の通行止めが解除されました。
伊勢原ジャンクションでの工事はこの後も続きます。

現場では土木関係者も多く見学に訪れ、真偽は定かでないものの、「1250トン吊りクローラクレーンは一日あたり費用が約450万円かかる」「監督は心臓ドキドキで夜も眠れなかったはず」という情報を聞くことができました。

photo

新東名高速道路の厚木南IC(あつぎみなみインターチェンジ)から伊勢原北IC(いせはらきたインターチェンジ)の区間の開通に伴って、伊勢原JCTは2018年度(平成30年度)に供用される予定です。

公式:新東名高速道路のご案内