圏央道(境古河IC~つくば中央IC) 圏央道常総IC 開通記念プレイベント Joso Highway Walk

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、首都圏中心部から半径約40km〜60kmの位置に環状として計画されている、延長約300kmの高速道路です。
2016年(平成28年)12月18日、圏央道の一部となる境古河IC~つくば中央ICの開通に先立ち、常総ICで「圏央道(境古河IC~つくば中央IC) 圏央道常総IC 開通記念プレイベント Joso Highway Walk」が行われました。

photo

茨城県を通る圏央道の、境古河IC(さかいこがインターチェンジ)~坂東IC(ばんどうインターチェンジ)~常総IC(じょうそうインターチェンジ)~つくば中央IC(つくばちゅうおうインターチェンジ)の延長28.5kmが、2017年(平成29年)2月26日15時に開通します。

photo

茨城県の圏央道がすべて開通して、東名高速道路・中央自動車道・関越自動車道・東北自動車道・常磐自動車道・東関東自動車道が圏央道で接続します。

イベントとして、ウォーキング・ステージイベント・物産展・はしご車体験が行われます。ウォーキングは圏央道を、つくば中央IC方面へ約2km歩くことができます。10時から12時まで入場可能、13時までとなっています。

photo

photo

職業体験「ぎょうかいウォッチ!」や広報・物産展が行われています。

はしご車体験として、高いところから常総ICを眺めてみます。常総ICの料金所と、圏央道のつくば中央IC方面を見ることができます。

photo

photo

常総ICと圏央道の本線を結ぶランプと、圏央道の坂東IC・境古河IC方面を見ることができます。

常総ICの料金所を見てみます。ICの名称はまだ表示されていません。

photo

photo

料金所の設備はカバーで覆われています。

ウォーキングのスタート地点にゲートが用意されています。

photo

photo

分岐地点があり、左方向はつくば中央IC方面、右方向は坂東IC・境古河IC方面となります。ウォーキングはつくば中央IC方面へ進みます。

圏央道の本線への合流箇所です。

photo

photo

イベントの幕が掲示されています。

車道の区画線はこれから引かれるため、外回りと内回りの区別がありません。

photo

photo

常総ICで接続する国道294号が圏央道の下部を通ります。

圏央道の本線、外回りを進みます。先にはつくば中央ICがあります。路面には、車線分離を示すガイドが書かれています。

photo

photo

ウォーキングの、1km折り返し地点です。

地上部で宅地工事が行われている箇所には道路の側面にガードが施されています。

photo

photo

道路の舗装が進む箇所を通ります。

非常駐車帯が用意されています。

photo

photo

非常電話が設置されています。

記念撮影のための台があります。

photo

photo

圏央道は小貝川の上部を通ります。

ウォーキングの、2km折り返し地点です。ウォーキングはここまでとなります。

photo

photo

先には、つくば中央ICがあり、さらに先では常磐自動車道・東関東自動車道と接続します。2010年4月の「圏央道(つくば中央IC〜つくばJCT) 開通記念イベント」は、この先で行なわれました。

折り返して、圏央道の本線、内回りを進みます。

photo

photo

電光掲示板が設置されています。

約2km戻ります。常総ICの出口があります。
先には坂東ICがあり、さらに先では東北自動車道・関越自動車道・中央自動車道・東名高速道路と接続します。2017年1月の「圏央道坂東IC 開通記念プレイベント」は、この先で行なわれました。

photo

photo

物産展が行われています。

開通へのメッセージが寄せられています。

photo

ここにて「圏央道(境古河IC~つくば中央IC) 圏央道常総IC 開通記念プレイベント Joso Highway Walk」は終了となります。この日は、約5千5百人がウォーキングを楽しみました。

今回の開通により、広域ネットワークの形成、災害時の道路ネットワークの強化、観光の支援、医療圏域の拡大など、さまざまな効果が見込まれています。

参考:圏央道(首都圏中央連絡自動車道)|3環状