東京外かく環状道路(関越~東名) シールドマシン発進式・シールドマシン公開

東京外かく環状道路(外かん)は、都心部から半径約15kmの位置に環状として計画されている、延長約85kmの道路です。
2017年(平成29年)2月19日、東名JCT予定地で「東京外かく環状道路(関越~東名) シールドマシン発進式・シールドマシン公開」が行われました。

photo

高速道路部と一般道路部を合わせて「東京外かく環状道路(外かん)」と呼び、高速道路部の路線は「東京外環自動車道(外環道)」と呼びます。
東京区間と千葉区間で、整備が進んでします。

東京外かく環状道路の東京区間は、大泉JCT(おおいずみジャンクション)〜中央JCT(ちゅうおうジャンクション)〜東名JCT(とうめいジャンクション)です。完成すると、関越自動車道・中央自動車道・東名自動車道が結ばれます。

photo

これまで関越自動車道と東名自動車道の移動で環状8号線を使っていた多くの車が、東京外かく環状道路を利用すると考えられています。東京外かく環状道路(関越~東名)は、一日に8万台くらいの車が利用すると予想されます。

東京外かく環状道路の大泉JCT〜中央JCT〜東名JCTは延長約16.2kmで、ほとんどがトンネル構造となります。トンネルを掘削するために、シールドマシンという円筒形の掘削機が使われます。

photo

シールドマシンによって、地下約40メートルに、直径約15.8メートルのトンネルが構築されます。トンネルには片側3車線の道路がつくられます。

シールドマシンは、東名JCTができる東名立坑から2機、大泉JCTができる大泉立坑から2機が発進し、井の頭通り付近の地中で接続します。

photo

東名JCTから発進する2機のシールドマシンは、それぞれ約9.1kmのトンネルを掘削します。トンネルは「南行トンネル」と「北行トンネル」です。
南行トンネル:大泉JCTから南へ向かうトンネル・NEXCO東日本
北行トンネル:東名JCTから北へ向かうトンネル・NEXCO中日本

シールドマシン発進式は、東名JCTの予定地となる東京都世田谷区大蔵地先で行われます。東名自動車道が隣接しています。

photo

photo

式典会場は、建設ヤードとなります。

トンネルを施工するために必要な様々な資材や機材をストックする建設ヤードの中には、式典会場のテントが用意されています。

photo

photo

「東京外環プロジェクト」のロゴマークが、あらゆるところで使われています。

11時過ぎ、式典が開始されました。式次第は、開式・主催者挨拶・来賓祝辞・来賓紹介・シールマシン命名・シールドマシン発進スイッチ押釦(おしぼたん)・閉会となっています。式典参加者は、列席者が約170人、報道関係者が約50人です。

主催者挨拶として、石井国土交通大臣が「東京外かく環状道路のプロジェクトを通じて確立された技術が、国際競争力の向上につながる」と述べました。

photo

photo

来賓祝辞として、小池東京都知事が「東京外かく環状道路には交通の根幹としての役割に期待している」と述べました。

シールマシン命名として、2台のシールドマシンの名前が発表されました。北行トンネルは「がるるん」、南行トンネルは「みどりんぐ」です。名称は、広報誌の外環ジャーナルで募集されました。

photo

photo

「みどりんぐ」の命名のきっかけは、応募当時で2歳の男の子です。

シールドマシン発進スイッチ押釦となります。25名により、シールドマシンの発進スイッチが押されます。

photo

photo

動きだした地下にあるシールドマシンがモニターに映し出されます。
式典は終了となります。

国土交通大臣と東京都知事による現地視察となります。

photo

photo

立坑に入りシールドマシンを見て、現地視察が終了となります。東京都知事への囲み取材が行われました。

立坑でのシードマシンが公開されます。

photo

photo

立坑配管の種類一覧が掲示されています。シールドマシンが使う様々な資材が、配管で送られます。

色とりどりの立坑配管が、立坑の中とつながっています。

photo

photo

立坑には、シールドマシンを見ることができます。工場でつくられたシールドマシンは解体され、東名立坑まで運ばれ、立坑の中で組み立てられました。

定員10名のエレベーターで約70メートル地下の立坑の中へ、3分ほどかけて降ります。

photo

photo

地下へ降りました。シールドマシンの側面には、がるるんのイラストが描かれています。

シールドマシンの前方へ移動します。

photo

カッターヘッドがあります。土を削る、約10センチのビットと呼ばれる歯が放射状に配置されています。

回転することで、土を削ります。

photo

photo

削られた土は、スクリューコンベアによってシールドマシンの内部へ取り込み、後方へ運び出されます。

シールドマシンの後方へ移動します。

photo

photo

トンネルの壁を組み立てるエレクターがあります。セグメントと呼ばれるパネルを組むことで、トンネルの壁になります。

ここにて「東京外かく環状道路(関越~東名) シールドマシン発進式・シールドマシン公開」は終了となります。

東京外かく環状道路(関越~東名)が完成することで、環状8号線で約60分かかっていた所要時間が約12分になるなど、所要時間の短縮や定時制確保が期待されます。

参考:Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外かく環状国道事務所