横浜環状北西線建設現場 見学撮影会(第1回)

横浜環状北西線は、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ自動車専用道路です。
2017年(平成29年)10月12日、横浜青葉IC付近で「横浜環状北西線建設現場 見学撮影会(第1回)」が行われました。

photo

横浜市と首都高速道路は、東名高速道路の横浜青葉IC(よこはまあおばインターチェンジ)と第三京浜道路の港北IC(こうほくインターチェンジ)を結ぶ、延長約7.1kmの横浜環状北西線の建設を進めています。

工事現場の撮影が静かなブームとなっていることを背景に、横浜市では横浜環状北西線建設現場のフォトコンテストを開催しています。合わせて、3回にわたる現場見学撮影会が実施されます。

photo

第1回として今回、横浜青葉IC付近の横浜市青葉区下谷本地区で、橋梁工事の現場見学撮影会が行われました。

photo

事前に応募して選ばれた参加者は、撮影会当日13時に横浜環状北西線のPRルームに集合します。

PRルームには、工事に関連する模型やパネルが掲示されています。

photo

photo

東名高速道路と横浜環状北西線が接続した横浜青葉IC・JCT(ジャンクション)の完成予想模型です。模型では上下に東名高速道路が通り、その上部を横浜環状北西線と国道246号線を結ぶ専用ランプがまたぎます。

フォトコンテストということで、写真家の西澤丞氏を招いて撮影講座が行われました。

photo

建設現場の撮影についての注意や極意などが、丁寧に解説されます。

参加した45名は、3つの班に分かれて、時間をずらし3つの見学スポットを約20分ずつ巡ります。

photo

東名高速道路の横浜青葉ICへ向かうルートに見学スポットが用意されています。
・見学スポット1(横浜市):連続する橋脚と架設作業
・見学スポット2(横浜市):高い橋脚
・見学スポット3(首都高速道路):前日に架設された橋桁

鶴見川に沿って、横浜環状北西線の専用ランプと連結路が設置されます。

photo

photo

工事の概要は以下の通りです。
●横浜市発注工事
 工事件名:高速横浜環状北西線(下谷本地区)街路整備工事(橋りょう上部工)(その2)
 工事費:44億4228万8400円(税込み)
 発注者:横浜市道路局
 施工者:宮地エンジニアリング・古河産機システムズJV
●首都高発注工事
 (1)工事件名:高速横浜環状北西線青葉地区下部・基礎工事
       工事費:27億9396万円(税込み)
       施工者:鴻池組
 (2)工事件名:高速横浜環状北西線青葉地区上部・橋脚(その1)工事
       工事費:69億2226万円(税込み)
       施工者:JFEエンジニアリング
 (3)工事件名:高速横浜環状北西線青葉地区上部・橋脚(その2)工事
       工事費:65億3832万円(税込み)
       施工者:宮地エンジニアリング・エム・エムブリッジ・高田機工JV

見学スポットへ向かいます。

photo

鶴見川と、工事が進む横浜青葉IC周辺が見えてきました。

見学スポット1へ移動します。
東名高速道路の横浜青葉ICを背にして、第三京浜道路の港北IC方面を眺めます。横浜環状北西線と国道246号線を結ぶ専用ランプの大きい橋脚が並び、その左側に東名高速道路から横浜環状北西線へ流入する連絡路の橋脚があります。

photo

photo

橋脚の施工が完了して、支承の据え付け、工場にて製作した主桁の輸送と進み、今は主桁の架設が行われています。

橋脚の上に、主桁が載っています。主桁は工場で製作された後、トレーラーを使って道路で運んでよいとされる重さと大きさに分割され、輸送されました。分割された主桁は、継ぎ目を高力ボルトで固定して1本につなげます。

photo

photo

従来は、多くの桁を並べてコンクリートや車両の重みを少しずつ支えていました。ここでは、1本あたりの桁を大きく太くして桁の本数を少なくする、少数鈑桁という構造形式を採用している。これにより製作の手間を大きく省き、全体のコストを大幅に縮減しているとのことです。
この後はプレキャストPC床版の架設が行われます。

見学スポット2へ移動します。
第三京浜道路の港北ICを背にして、東名高速道路の横浜青葉IC方面を眺めます。横浜環状北西線と国道246号線を結ぶ専用ランプの大きな橋脚が並び、その左側に横浜環状北西線から東名高速道路へ流入する連絡路の橋脚があります。

photo

photo

このランプ橋は横浜青葉ICをまたぐため、橋脚が高くなってきました。

ベントと呼ばれる、緑色の鋼製支柱が目を引きます。

photo

photo

トラッククレーンベント工法という、鋼製主桁の架設で最も多く用いられる方法で施工が行われています。分割して運ばれた主桁をベントで支持しながら、橋脚から橋脚までトラッククレーンでつなげていきます。継ぎ目をボルトで固定して、最後にベントを外します。

見学スポット3へ移動します。
横浜青葉IC付近です。東名高速道路の横浜青葉ICの上部を、横浜環状北西線と国道246号線を結ぶ専用ランプがまたぎます。

photo

こちらは首都高速道路が工事を進めているため、青色のベントとなっています。ベントやトンネルを掘るシールドマシンは、横浜市が緑色、首都高速道路は青色を使用しています。

見学撮影会の前日となる10月11日の21時から翌朝6時まで、E1東名高速道路の東名川崎IC─横浜青葉IC間(上下線)を通行止めにして、大型クローラークレーンによる架設が行われていました。

photo

photo

ブロック長56.8m、架設桁重量437tの鋼床版箱桁ブロックが、東名高速道路をまたいで架設されています。

架設で使用されたのは、吊り上げ能力1600tのクローラークレーンです。橋梁架設用としては日本にある最大級のクレーンとなります。首都高速道路の工事では初めて採用されました。

photo

photo

重りを支える台車の特殊なタイヤの価格は、1本あたり約2000万円です。

先は、国道246号線に接続します。

photo

「横浜環状北西線建設現場 見学撮影会(第1回)」はここまでとなります。

横浜市では、横浜環状北西線建設現場フォトコンテスト(北西線フォトコン)を実施しています。見学撮影会も引き続き、11月と12月に開催されます。

「横浜環状北西線建設現場フォトコンテスト・現場見学撮影会」
 テーマ:北西線のダイナミックな建設現場
 応募対象作品:今まで撮った北西線の建設現場の写真
        (沿道からでも、現場見学会で撮影したものでもOK。)
 応募期限:2017年12月31日(日)23:59
 公式:北西線フォトコン

公式:横浜環状北西線
公式:横浜市 道路局 横浜環状北西線建設課 横浜環状北西線建設課