神田川・環状七号線地下調節池 善福寺川取水施設 完成を祝う会

善福寺川取水施設は、台風などの大雨で溢れそうになった善福寺川の水を、環状七号線の地下にあるトンネルへ流し込み、水害を避けるための施設。「神田川・環状七号線地下調節池 善福寺川取水施設」の、施設の完成を祝う会が開催されました。
photo


環状七号線の地下約40mには内径12.5m、延長4.5kmのトンネルが建設されています。
神田川、善福寺川、妙正寺川から溢れそうになる水を環状七号線の地下のトンネルに流入させ、川の水の量が減ってから、トンネルの中の水を再び川へ戻します。

大きな地図で見る
photo
工事は神田川から取水する第一期事業、善福寺川と妙正寺川から取水する第二期事業に分けられ進められています。すでに完成している神田川取水施設に続き、今回、善福寺川取水施設のすべての施設が完成しました。
流水が開始されると、川の水は導水路を通り、勢いを減らすために回転しながら流入孔を落ちて、減勢池に溜まり、導水連絡管渠という小さめのトンネルを通って環状七号線の地下にある調節池へと流れ込みます。
photo photo photo photo
式典は、テープカット、ゲート操作、くす玉開きと進みます。ゲート操作の状況は、会場の左右に設置されたモニタに表示されていました。
photo photo photo photo photo
くす玉開きは、地元の小学生の代表を交えて行われました。
施設は「管理棟」「ゲート棟」「機械棟」の3つの建物で構成されています。地下へは、機械棟から乗用エレベーターを使い降りることになります。
photo photo photo photo
photo
乗用エレベーターで、立坑機械室と呼ばれる部分を地上から43mへ降ります。立坑機械室と、水が流れ落ちる立坑流入部との間には、2重の厚い鉄の扉が備わっています。
流入孔と呼ばれる大きな穴から、勢いを減らすために回転しながら流れ落ちてきた水は、減勢池に溜まりつつ、内径6mの導水連絡管渠へと流れ進みます。
photo
photo photo photo photo photo導水連絡管渠の中間には、子どもたちによるイラストが描かれています。建設されてから数年が経っているため、ヒビも多くあるようです。
しばらく歩くと、環七地下調整池との接続部分、善福寺川取水施設連絡管渠接続箇所へたどり着きます。
photo調整池、とはいっても、延長4.5kmのトンネルです。
全体で54万立方メートルの貯留量をほこります。
photo平成5年台風11号では3,117戸もの浸水家屋の被害が発生。しかし、神田川・環状七号線地下調節池が完成した後の、平成16年台風22号においては台風11号と同じ規模でありながら浸水家屋は46戸に抑えられています。
神田川・環状七号線地下調節池は、これからも浸水被害低減に大きな効果を発揮し続けることでしょう。

参考:東京都建設局 – 妙正寺川・善福寺川 河川激甚災害対策特別緊急事業  関連:ラジエイト – 環七調整池 神田川