東京ゲートブリッジ 名称表彰式・工事現場見学会

東京ゲートブリッジ(名称確定以前の仮称:東京港臨海大橋)は、大田区城南島と江東区若洲とを結ぶ東京港臨海道路に架けられる橋。
一般公募となった橋の名称が決定したことにともない「東京ゲートブリッジ 名称表彰式・工事現場見学会」が行われました。

photo

東京の臨海部では、慢性的な渋滞を緩和するために「東京港臨海道路(とうきょうこうりんかいどうろ)」が整備されています。

photo
国土交通省関東地方整備局 東京港湾事務所より引用・仮称を修正

大田区城南島から中央防波堤外側埋立地を経て江東区若洲までの約8kmのうち、臨海トンネルを含む城南島側の約3.4kmはすでに供用、東京ゲートブリッジを含む若洲側の約4.6kmは2011年度(平成23年度)の供用を目指して整備が進められています。

東京ゲートブリッジのスケールは、以下のようになっています。
・全長:2,933m(東京から浜松町までとほぼ同じ)
・水面からトラス最上部までの高さ:87.8m(25階建てビルに相当)
・海上区間の長さ:1.618m(レインボーブリッジの約2倍)
・主橋梁部に使用される鉄骨の量:約2万トン(東京タワーの約4倍)

photo
「若洲側から見た東京ゲートブリッジのイメージ」国土交通省関東地方整備局 東京港湾事務所様より借用

東京ゲートブリッジは、羽田空港に近接しているため、飛行機が橋の上を飛ぶことによる空域制限があり、高さを98.1メートル以上にすることができません。また、東京港第三航路に大型の船が出入りするため、船舶が橋の下を通ることによる桁下の高さ制限があり、高さ54.6メートル以上にする必要もありました。

制約の条件をクリアするため、高い主塔を必要とする吊橋や斜張橋(しゃちょうきょう)でなく、「トラス橋」という形式が採用されています。

photo
パンフレット「東京港恐竜出現!?」より引用

トラス橋は短い材料を使って三角形の構成して、つなぎ合わせることで橋桁の重さを分散させることができます。東京ゲートブリッジでは、トラス桁が上部と下部にそれぞれ2基ずつ、合計4基が架設されます。強度の高い鋼材を使用し、新しい技術を導入することで、大幅なコストダウンがはかられています。

東京ゲートブリッジに関するこれまでの工事の流れは、以下をご覧ください。

ラジエイト カテゴリー: 東京ゲートブリッジ

仮称で呼ばれてきた東京港臨海大橋は一般公募により、「東京ゲートブリッジ」という名称に決定しました。

photo

2010年(平成22年)11月20日、10時より国土交通省 関東整備局 東京港湾事務所にて、当選者への「名称表彰式」が行われました。

表彰式の次第は開式の辞、式辞、表彰状授与、来賓挨拶、閉式の辞となっています。名称は、2010年の7月1日から8月20日の間に一般公募が行われ、12,223件の案が寄せられました。東京ゲートブリッジという名称で応募した方の中から抽選された3名が表彰されます。

photo

photo

選定理由としては「本名称は、航路を跨ぐ本橋の立地特性をとらえており、東京を行き交う船舶のシンボリックな表玄関であることをイメージできる。また、馴染みのある言葉で構成されており、末永く、多くの人々に親しまれ、愛されることが期待できる」とのことです。

11時30分、名称当選者の「工事現場見学会」のため、整備が進む東京ゲートブリッジへと移動します。中央防波堤外側埋立地側から若洲側へと向かいます。

photo

photo

東京ゲートブリッジは、東京港臨海道路(臨海道路)の一部のため、橋への道路には「臨海道路」という通り名の標識が設置されています。

陸上のアプローチ部は東京都が、海上のアプローチ部と主橋梁部は国土交通省が、それぞれ事業を担っています。陸上のアプローチ部に関しては、舗装まで完了しています。

photo

photo

東京ゲートブリッジには、片側2車線の車道と、都心側に約1.6kmの歩道が整備されます。地上と歩道とを結ぶエレベータが設置される施設も整備されていました。歩道とつながる最高約60メートルの展望台からは東京タワーや東京スカイツリーなどの風景を望むことができます。

アプローチ桁とトラス桁との接続箇所はまだ完全につながっていないため、架設の通路が使われています。

photo

photo

橋梁の内部へは接続箇所から出入りをして作業が行われています。

橋の中央には、車道の中央分離帯が設置されます。東京港臨海道路は片側3車線、橋梁部は片側2車線となります。一般車両も無料で通行することができます。

photo

photo

若洲側へ向かって左の都心側に、歩道が整備されます。

トラス桁の箇所へと進みます。橋桁の鋼材使用料は約3万6千トン、トラス桁を中心とする主橋梁部だけでも2万トンになります。

photo

photo

新規に開発した「橋梁用高性能鋼材(BHS)」を採用して、重量の低減と溶接施行性を向上させて、コストを縮減。巨大な重量を支え、大規模な地震にも耐えることができる「機能分離すべり型免震支承」が採用されました。

中央防波堤外側埋立地側から若洲側を望みます。中央防波堤外側埋立地側のトラス桁と若洲側のトラス桁とを結ぶ中央径間の架設は2011年(平成22年)の2月に予定されています。

photo

photo

若洲側のトラス桁とアプローチ桁の先には、東京都立若洲海浜公園が広がります。

この日の朝、行われていた「東京ゲートブリッジ 若洲側 海上アプローチ部箱桁架設」で活躍した3,000トン吊級の大型クレーン船「富士」も見ることができます。

photo

photo

東京ゲートブリッジに沿って、東京都立若洲海浜公園にある海釣り施設が延びています。

都心側に向かって右を観ると、東京スカイツリーを確認することができます。

photo

photo

都心へ向かって左には、中央防波堤外側埋立地が広がります。

振り返り、来た道を戻ります。若洲側から中央防波堤外側埋立地側へと歩きます。

photo

photo

右は都心側、左は東京湾側となります。

東京湾側へ向かって左には、東京湾が広がります。

photo

多くの船舶が航行しています。

東京湾側に向かって右を見ると、「東京湾アクアライン・海ほたる アクアライン探検隊 プレミアムコース」で見た、東京湾アクアラインの換気施設である「風の塔」(川崎人工島)を確認することができます。

photo

photo

東京湾側へ向かって右には、中央防波堤外側埋立地が広がります。

トラス桁では、接続箇所を確認することができます。

photo

photo

架設で活躍しているクレーン車も見ることができます。

正面には、中央防波堤外側埋立地の間を流れる運河が広がります。

photo

photo

中央防波堤外側埋立地側に向かって右を見ると、「海の森 一般公開イベント」で見た、中央防波堤内側埋立地を確認することができます。

橋梁部からアプローチ部へと戻ってきました。

photo

photo

先は、供用されている東京港臨海道路(臨海道路)の臨海トンネルへとつながります。

ここにて「東京ゲートブリッジ 名称表彰式・工事現場見学会」は終了となります。

photo

東京ゲートブリッジが完成し、東京港臨海道路が全線開通すると、新木場・千葉方面と羽田・横浜方面との移動おいて、慢性的な渋滞となっている有明・青海を通らずにアクセスが可能となり、中央防波堤外側埋立地と新木場との移動時間が従来に比べ約4割短縮されます。これにより東京臨海部における渋滞が緩和され、物流は円滑となり、年間約300億円にもなる経済効果があるとのことです。

東京ゲートブリッジを含む、東京港臨海道路の全線開通を楽しみにしています。

取材に応じてくださいました、国土交通省東京港湾事務所の相澤様へ、心よりお礼申し上げます。

公式:国土交通省関東地方整備局 東京港湾事務所