首都高講座 27限目:トンネル防災設備を学び、換気所&川崎線からの夜景を楽しもう

「首都高講座」は、首都高速道路における工事の現場や施設、車両などを見学できるイベントです。
27限目は「トンネル防災設備を学び、換気所&川崎線からの夜景を楽しもう」が行われました。

photo

「首都高講座 27限目:トンネル防災設備を学び、換気所&川崎線からの夜景を楽しもう」では、トンネル防災設備を学び、換気所&川崎線からの夜景を楽しみます。

首都高速道路神奈川管理局へ集合、14時50分より開始となります。抽選に応募して当選した18歳以上の約20名が参加しました。

バスに30分ほど乗り、首都高速湾岸線・首都高速神奈川6号川崎線・東京湾アクアラインが連絡する川崎浮島ジャンクションに隣接する、多摩川トンネル第一換気所へ移動します。

photo

photo

施設の入口には、帆船と飛行機、そして多摩川トンネル第一換気所をモチーフとしたタイル画が飾られています。

首都高講座 2限目:神奈川地区の交通管制室と保全点検」で見た、施設管制室へと移動します。

photo

photo

首都高速道路湾岸線の多摩川トンネルを24時間態勢で監視して、事故による対応などを行います。

多摩川トンネルでは25mを1区画として、88区画にスプリンクラーが設置されています。

photo

photo

試験として披露されたのは、スプリンクラーが作動する直前の状況となります。区画を示す赤色のラインが画面に表示されます。

エレベーターで、7階にある展望室の、浮島ジャンクションを見ることができる場所へと移動します。

photo

展望室には資料や模型が展示されています。

施設は四角形の建物で、展望室からは浮島ジャンクションの全体を見渡すことができます。

photo
クリックすると拡大します

1時間30分ほど、自由に写真撮影をする時間が設けられました。

正面に、首都高速湾岸線の横浜方面を望みます。左方向は東京湾アクアライン、右方向は首都高速神奈川6号川崎線となります。

photo

photo

右の奥に、湾岸浮島本線料金所があります。首都高速湾岸線で横浜方面へ向かう際に通行します。

首都高速神奈川6号川崎線の大師方面を望みます。

photo

photo

先へ進むと、大師ジャンクションへと接続します。

川崎浮島ジャンクションにパーキングエリアを併設する計画があったものの、近くに大黒パーキングエリアが存在するために工事は中止となり、道路は途中で途切れています。

photo

photo

東京電力が建設を進めている浮島・扇島太陽光発電所があり、その先には工場が建ち並びます。

首都高速神奈川6号川崎線の一部の橋脚は、大師をイメージした朱色に塗られています。

photo

photo

川崎浮島本線料金所があります。首都高速神奈川6号川崎線で大師方面へ向かう際に通行します。

川崎浮島ジャンクションのほぼ中央に、ソーラーパネルがあります。

photo

首都高速道路では、周辺環境や地球環境に配慮し、積極的にソーラーパネルを設置しているとのことです。

NEXCO東日本の管理となる東京湾アクアラインの、木更津方面を望みます。海の上に浮かぶ円筒状の施設は「東京湾アクアライン・海ほたる アクアライン探検隊 プレミアムコース」で見た、東京湾アクアラインの換気施設である「風の塔」(川崎人工島)です。

photo

photo

ピラミッドのような形の建物は、東京湾アクアラインにおける浮島換気塔となります。

浮島換気塔は以前、三角すいでした。

photo

photo

しかし、羽田空港に新しくD滑走路がつくられ、付近の建築物に対して新しい高さ制限ができたため、三角すいの頂上部分が削られました。

16時過ぎ、少しずつ陽が落ちていきます。

photo
クリックすると拡大します

展望室の、羽田空港を見ることができる場所へと移動します。

photo

photo

格納庫が並び、「空の日フェスティバル2010 羽田空港 管制塔見学」で見た、新管制塔を見ることができます。

羽田空港のD滑走路が広がります。

photo

photo

D滑走路は、半分が埋立地、残りの半分は鋼管杭を打ち立てた上に鋼構造物を載せた桟橋となっています。

17時過ぎ、道路にライトが照らされはじめました。東京湾アクアライン方面を望みます。

photo
クリックすると拡大します

首都高速神奈川6号川崎線方面を望みます。

photo
クリックすると拡大します

リクエストにより、10分ほど撮影の時間が延長されました。

photo

多摩川トンネル第一換気所での施設管制室の見学はここまでとなります。

再びバスに乗車して、30分ほど走行します。

photo

首都高速神奈川6号川崎線からの工場夜景を堪能するために、車内が消灯される演出がなされました。

首都高速1号羽田線と首都高速神奈川6号川崎線が連絡する大師ジャンクションにある大師換気所にて、屋上から夜景を見ます。

首都高速道路 高速神奈川6号川崎線(殿町〜大師ジャンクション)開通 一般開放デー 川崎みらいトンネル」で見た、大師ジャンクションに到着します。

photo

円を描く大師ジャンクションの道路の中に、大師換気所が建っています。

首都高速1号羽田線方面および大師出入口へと続く道路です。

photo

photo

川崎浮島ジャンクション方面へと続く道路となります。

1時間ほど、自由に写真撮影をする時間が設けられました。施設の4階にある屋上からは大師ジャンクションの全体を見渡すことができます。

photo
クリックすると拡大します

手前には大師ジャンクションの地下と地上とを結ぶ道路が円を描きます。

photo

photo

遠くには「大師橋 開通記念式典」で見た、大師橋があります。

ここにて「首都高講座 27限目:トンネル防災設備を学び、換気所&川崎線からの夜景を楽しもう」は終了となります。

photo

夜景やジャンクションが好きな人にはたまらない、今まで以上に写真撮影を意識した首都高講座となりました。

公式:首都高速道路株式会社 | 首都高講座