板橋交通公園

交通公園は、公園の中にある交通関連の施設や交通遊具を利用して、交通ルールを学ぶことができる公園。
日本全国の各所にある交通公園のひとつ、東京都板橋区にある板橋交通公園へ行ってみました。

photo

「板橋交通公園(いたばしつうこうえん)」には道路・交差点・信号機・道路標識などがあり、貸し出される自転車やゴーカートを使って交通に関するルールを知ることをできます。

東武東上線の大山駅で下車、徒歩10分のところに板橋交通公園はあります。交通公園の開園は、午前9時〜午後4時と時間が決められています。

公園の中には1周350mのジョギングコースが併設されていて、気軽に走ることもできます。

photo

photo

子どもは、自転車や足踏み式のゴーカートを公園の中につくられたミニサイクリングコースで、三輪車や補助付き自転車を幼児の広場で、すべて無料で借りて走ることができます。マイ自転車やマイゴーカートなど、外から持ち込んだ乗りものを利用することはできません。

外周を歩いてみます。ジョギングコースが横を通ったり上を渡ったりと、公園の中を縫うように通っています。

photo

photo

自転車とゴーカートが利用できるミニサイクリングコースは片道通行。車線の左側は自転車、車線の右側はゴーカートと決められています。

ミニサイクリングコースは地上、ジョギングコースは地上と橋を経由しての丘の上に用意されています。

photo

photo

ジョギングコースを支える橋脚が、交通の公園であることをより強調しています。

ミニサイクリングコースをぐるりと巡ると最後に一カ所、信号機が設置されています。

photo

必要のある片側だけが点灯していました。経費節減のため、仕方がないのかもしれません。

許可を得て、交通公園を見渡せる高台から眺めてみます。遊び場や広場も充実していることがわかります。

photo

photo

都バス・都電の開放は、午前9時〜午後3時45分と時間が決められています。

昭和37年から昭和61年まで使われた、チンチン電車の愛称で東京都民に親しまれてきた都電7508型が展示されています。車内にはわずかながらに本があり、読書をすることができます。
都バスも都電も、車内へ入って運転席などに座ることができます。

photo

交通のルールを楽しみながら学ぶことができる交通公園。ふとした用事のついでや、道路ファンとしての癒しの場として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【開園時間】午前9時〜午後4時
【休園日】月曜日(祝日の場合は直後の平日に振替)・年末年始(12/28〜1/4)
【所在地】東京都板橋区大山西町21-1(板橋公園内)
【行き方】東武東上線 大山駅 徒歩10分
     東京メトロ有楽町線 千川駅 徒歩15分
【駐車場】周辺に有料駐車場あり
(2011年3月6日現在)