圏央道(境古河IC〜坂東IC) 夏休み現場見学会 山崎地区高架橋上部工事

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、首都圏中心部から半径約40km〜60kmの位置に環状として計画されている、延長約300kmの高速道路です。
2015年(平成27年)8月29日、圏央道の一部となる境古河IC〜坂東ICの現場見学会として、山崎地区で「圏央道(境古河IC〜坂東IC) 夏休み現場見学会 山崎地区高架橋上部工事」が行われました。

photo

圏央道では現在、境古河IC(さかいこがインターチェンジ)〜つくばIC(つくばインターチェンジ)で整備が進んでいます。整備が完了すると、東北自動車道の久喜白岡JCT(くきしらおかジャンクション)と常磐自動車道のつくばJCT(つくばジャンクション)がつながります。

見学会はの10時から15時までの間、境古河ICから車で約10分のところにある茨城県猿島郡境町山崎地先にて行われました。境古河ICと坂東IC(ばんどうインターチェンジ)の間です。

photo

誰でも自由に見学することができます。

受付の案内に従って進みます。

photo

photo

会場レイアウトです。ヤード内と橋梁上に、さまざまな展示が用意されています。

休憩ハウスがあります。飲み物を受け取ることができます。

photo

photo

ドローン展示や情報化施工体験コーナーがあります。

ヤード内の橋梁下では、クイズ大会・アーチ橋体験・鉄筋結束体験・ボルト締付体験・測量体験・お絵かき体験ができます。

photo

それぞれの体験で、懇切丁寧に指導してもらえます。

「アーチ橋体験」です。レンガと砂と水だけで、アーチ橋を造ることができます。

photo

photo

「鉄筋結束体験」です。構造物には不可欠な鉄筋を結束する作業を体験できます。

ヤード内の橋梁外では、25tクレーン展示・重機類展示と搭乗体験・高所作業車搭乗体験ができます。

photo

photo

重機類展示と搭乗体験はバックホー・ブルドーザー・振動ローラーが展示され、搭乗できます。

高所作業車搭乗体験は高所作業車に搭乗できます。

photo

ヘルメットと安全帯を着用して、高所から整備が進む圏央道を見ます。

坂東IC・つくばJCT方面です。

photo

photo

境古河ICから先の坂東IC〜常総IC〜つくば中央ICは、開通の時期が未定となっています。

境古河IC・久喜白岡JCT方面です。

photo

photo

先にある境古河ICは、2015年(平成27年)3月22日に「圏央道 境古河IC 開通記念プレイベント」が行なわれ、2015年(平成27年)3月29日に開通しました。

昇降設備が設置されています。

photo

圏央道の本線となる橋梁上へ移動できます。

圏央道の本線、外回りを進みます。先では、坂東IC・常総IC・つくば中央ICの整備が進みます。

photo

photo

開通すると、常磐自動車道につながります。

圏央道の本線、内回りを進みます。

photo

先は、境古河ICへつながる整備が進みます。

橋梁の前後は、土工部となります。

photo

photo

開通すると、東北自動車道・関越自動車道・中央自動車道・東名高速道路につながります。

ここにて「圏央道(境古河IC〜坂東IC) 夏休み現場見学会 山崎地区高架橋上部工事」は終了となります。

photo

都心に用事のない、通過するだけの車が約6割もある現状を打破するための圏央道。CO2の削減など、最終的に自然環境を守るという観点からも、順調な整備が期待されています。

参考:3環状(圏央道・外環・中央環状)「東京を変える道路・首都圏を変える道路」