北関東道 太田PA 橋梁架設(Aランプ橋)

太田PAは、北関東自動車道(北関東道)に建設されている休憩施設です。
2017年(平成29年)9月26日の夜間、北関東道の一区間を通行止めにして、橋梁架設が行われました。

photo

東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)は、群馬県内のE50北関東自動車道(北関東道)に、片側集約式の(仮称)太田PA(おおたパーキングエリア)と、それに接続するスマートインターチェンジの建設を進めています。

北関東道と太田PAを接続する橋梁の架設工事のため、北関東道の太田藪塚IC(おおたやぶづかインターチェンジ)~太田桐生IC(おおたきりゅうインターチェンジ)間では9月19日と9月26日の2夜、21時から翌朝6時まで通行止めとなりました。
交通量が少ない平日の夜間に通行止めを行い、集中的かつ効率的に作業が行われます。

photo

9月19日は、北関東道(西行き)宇都宮方面から太田PAへ入るためのBランプ橋が架設され、報道関係者に公開されました。
9月26日は、太田PAから北関東道(西行き)高崎方面へ出るためのAランプ橋が架設され、一般市民に公開されました。

photo

橋梁の概要は以下の通りです。
Bランプ橋
 鋼3径間連続非合成箱桁橋(9月19日に架設済)
 橋長:108.3m 支間長:28.3m+50.5m+27.8m
Aランプ橋(9月26日に架設)
 鋼3径間連続非合成箱桁橋
 橋長:104.8m 支間長:28.3m+48.0m+26.5m

橋梁の架設は、多軸式特殊台車による一括架設で実施されました。別の場所で組み立てた橋桁を台車で架設地点まで運搬し、ジャッキで持ち上げて架設する工法です。
この日、一括架設される橋桁は、約半年前から北関東道の本線脇で構築されました。台車で本線に進入させて移動し、旋回した後に再び移動して、橋脚に設置します。

photo

橋梁架設の工事概要は以下の通りです。
工期:2016年(平成28年)8月26日〜2018年(平成30年)3月18日
発注者:東日本高速道路株式会社 関東支社
受注者:日本車輌製造株式会社
工事費:約8億5千万円

太田PAの建設地が一般に開放されています。

photo

20時を過ぎた頃から人が集まりはじめ、橋桁の移動が始まる21時30分には高台が人で埋め尽くされました。

全体を把握したい人は高台から、迫力を求めたい人は一般道から、それぞれ好きな位置から見ることができます。

photo

photo

ジャッキを乗せた2台の台車で、橋桁が運ばれます。橋桁は約200tあります。

22時30分を過ぎると台車は旋回をほぼ終え、設置する橋脚の近くへと移動します。橋脚の高さは約8mです。

photo

photo

橋桁の移動は、よく見ていると何とかわかる程度の速度です。

23時過ぎ、橋桁は設置する橋脚の上部に到着しました。

photo

photo

約1時間かけ、ジャッキを下げて橋梁は橋脚に降ろされました。大まかな位置の調整はGPS(全地球測位システム)も使用しますが、最後は職人の目によるミリ単位の作業になるとのことです。

午前1時過ぎに台車は撤去され、北関東道を跨ぐ橋梁の一部が完成しました。後日、太田PAと橋脚をまたぐ橋梁の設置が行われます。

photo

photo

「北関東道 太田PA 橋梁架設工事(Aランプ橋)」はここまでとなります。

太田PAには商業施設、ガソリンスタンド、スマートインターチェンジが設置されます。駐車場は東行きと西行きそれぞれ小型車62台、大型車44台、障害者用2台が駐車可能になる予定です。

公式:NEXCO 東日本