環状2号線(新橋・虎ノ門間)開通記念ウォーキングイベント

東京都市計画道路 環状2号線は、江東区有明と千代田区神田佐久間町と皇居を中心にした環状で結ぶ一般道路です。
2014年(平成26年)3月23日、環状2号線の一部となる区間の開通に先立ち、「環状2号線(新橋・虎ノ門間)開通記念ウォーキングイベント」が行われました。

photo

全長約14kmの環状2号線のうち、第一京浜(港区新橋四丁目)から外堀通り(港区虎ノ門二丁目)までの約1.4kmの区間が、2014年(平成26年)3月29日に開通します。
1946年(昭和21年)にGHQ(連合国軍総司令部)が建設を目指したとされる「幻のマッカーサー道路」と呼ばれ、計画されたものの工事が進まず、約68年を経てようやく完成しました。

ウォーキングイベントは、新橋側である第一京浜との交差点から虎ノ門側である桜田通りとの交差点まで、地下トンネルを通る約0.9kmの区間で行われました。

photo

応募して当選した約1,500人はあらかじめ7グループに分かれ、時間差でウォーキングをスタートします。

ウォーキングが開始する前に、開通する区間を見てみます。
まずは、第一京浜との交差点から桜田通りとの交差点まで、地上部道路を移動します。

photo

環状2号線の第一京浜との交差点と桜田通りとの交差点を結ぶ地下トンネルは、自動車専用道路となっています。地上部道路は愛称名を「新虎通り(しんとらどおり)」として、街路樹が多く植えられる道路として整備される予定です。

photo

photo

新虎通りの先に地上52階建て、高さ247メートルの「虎ノ門ヒルズ」が建っています。高層棟の虎ノ門ヒルズ、低層棟の虎ノ門ヒルズガーデンハウス、住宅部分の虎ノ門ヒルズプレジデンスで構成されています。

環状2号線の地下トンネルは、虎ノ門ヒルズの真下を通っています。

photo

photo

新虎通りは虎ノ門ヒルズを囲むように通っているため、道路はカーブしています。トンネルの換気塔が設置されています。

桜田通りとの交差点へ着きました。先は、外堀通りへつながります。

photo

つぎに、折り返して桜田通りとの交差点から第一京浜との交差点まで、地下トンネルの道路を移動します。

photo

photo

環状2号線の地下トンネルは「築地虎ノ門トンネル」という名称です。6%の勾配で、300メートル先は1車線になります。

築地虎ノ門トンネルを進みます。

photo

photo

緩やかな左カーブが続きます。

火災の際に使われる防災設備が設置されています。

photo

photo

泡消火栓や消火器は、トンネル火災の消火の際、当事者や発見者が使用します。

これより100メートル先で、2車線から1車線へと車線が減少します。

photo

photo

トンネルにおいて事故などが発生した場合の車の退避場所となる、非常駐車帯があります。

車線減少による注意の案内板があります。

photo

photo

非常口までの距離を示す案内板が設置されています。

車線が2車線から1車線へと減少しました。

photo

photo

非常口が設置されています。火災の際、扉を開き、階段で地上へと避難することができます。

地上への光が見えてきました。

photo

photo

道路の上部には、換気ファンが設置されています。

地下トンネルは、大きな地震にも耐えられる構造になっているとのことです。

photo

photo

先へ進むと、第一京浜との交差点があり、その先は汐留となります。

分岐する地点があり、右側が地上への出口となります。左側は、第一京浜の地下を通り海岸通りまで抜けるトンネルとなっており、地下トンネルは完成しています。
2016年度(平成28年度)には湾岸道路までつながり、約14kmの全線が開通する予定です。

photo

photo

勾配を上ると、第一京浜との交差点があります。

再び、折り返して第一京浜との交差点から桜田通りとの交差点まで、地下トンネルの道路を見てみます。

photo

photo

海岸通りから第一京浜の地下を通り、合流する地点があります。

築地虎ノ門トンネルを抜けると桜田通りとの交差点があり、直進すると外堀通りへと接続します。

photo

13時、ウォーキングイベントの開会式が環状2号線と第一京浜との交差点付近で行われました。
「新虎通りを、パリのシャンゼリゼ通りのようにする」とのことです。

photo

photo

ウォーキングイベントに参加した最初のグループ約200人が、地下トンネルへのウォーキングをスタートします。
トンネルの中には、様々な展示が用意され、クイズラリーが行われています。

展示1「環状2号線事業パネル・模型展示」です。

photo

photo

クイズAです。「今回開通する、環状2号線のトンネルはどこを通っていますか? 1:新宿〜渋谷間 2:新橋〜虎ノ門間 3:秋葉原〜御茶ノ水間」
・・・答え:2 環状第2号は、有明から神田佐久間町までの全線約14kmで計画された道路です。このうち未整備の豊洲から虎ノ門間で工事が進められており、今回は、新橋から虎ノ門間が開通します。

展示2「新橋・虎ノ門地区歴史パネル展示」です。

photo

photo

地下トンネルの上部や下部には何があるかが示されています。

クイズBです。「この地点の上は日比谷通りですが、下には何があるでしょうか? 1:地下鉄が走っている 2:川が流れている 3:何もない」
・・・答え:1 日比谷通りの下には、地下鉄都営三田線が走っています。その地上と地下鉄の間を抜けるようにトンネルが通っているため、地上からトンネルの上部までの深さは1m程度しかありません。

photo

photo

展示3「トンネル設備パネル展示」です。

クイズCです。「トンネル内で火災等がおこった場合地上部へ逃げるための、誘導を表したマークはどれでしょうか?」
・・・答え:1 トンネル内で火災等が起こった場合は、1のマークを探して、地上部へ避難しましょう。

photo

photo

展示4「埋蔵文化財出土品展示」です。

様々な時代の出土品が展示されています。

photo

photo

江戸時代のものが比較的多いようです。

クイズDです。「環状2号線の地上部道路の幅は何mでしょうか? 1:20m 2:30m 3:40m」
・・・答え:3 環状2号線のトンネルの上には、道路の幅40m(歩道部:片側5.5m〜13m)の広い道路がつくられます。東京を代表する魅力ある道路となることを目指しています。

photo

photo

クイズEです。「環状2号線は、トンネルの上に特徴があります。どれでしょうか? トンネルの上に 1:建物が建っている 2:川が流れている 3:高速道路がある」
・・・答え:1 通常、道路の上には、建物を建てることができませんが、環状2号線は、道路と建物を一体的につくることができる制度(立体道路制度)を使って、道路の上に高さ247mのビルを建てています。

展示5「公益財団法人東京都道路整備保全公社事業パネル展示」です。

photo

photo

虎ノ門ヒルズの模型が展示されています。

ここにて「環状2号線(新橋・虎ノ門間)開通記念ウォーキングイベント」は終了となります。

photo

今回の開通により、都心部の渋滞緩和や臨海部と都心部を結ぶ交通・物流ネットワーク機能の強化、緊急時の避難経路の多重化による臨海部の防災性向上など、さまざまな効果が見込まれています。