E1A新東名高速道路(海老名南JCT〜厚木南IC)開通式典

新東名(E1A新東名高速道路)は、神奈川県海老名市の海老名南JCTと愛知県豊田市の豊田東JCTを結ぶ、延長約330kmの自動車道です。
2018年1月28日、新東名の一部となる海老名南JCT〜厚木南ICの開通に先立ち、海老名南JCTで「E1A新東名高速道路(海老名南JCT〜厚木南IC)開通式典」が行われました。

photo

新東名の海老名南JCT(えびなジャンクション)~厚木南IC(あつぎみなみインターチェンジ)間の延長約2kmが、2018年1月28日15時に開通しました。新東名の神奈川県内最初の開通区間になります。

用地の取得に時間がかかったことや地盤対策が必要になったことで、計画より約1年遅れました。工事費は約1200億円です。

photo

厚木南ICから先の御殿場JCTまでが予定通り2020年度までに供用すると、新東名は全線開通になります。

航空写真の上下に走る道路は新東名で、手前が海老名南JCT、奥が厚木南ICです。左右に走る道路は圏央道となります。

photo

2017年12月24日には今回の開通区間を歩く「新東名あつぎウォーク2017 E1A新東名高速道路(海老名南JCT〜厚木南IC)開通イベント」が開催されました。

開通式典は開通式、鋏入れ式、開通パレードで構成されます。主催は中日本高速道路東京支社です。

photo

10時より、海老名南JCT高架下(神奈川県海老名市門沢橋)で開通式が始まりました。

photo

開式、主催者挨拶、来賓祝辞、来賓紹介、祝電披露、工事報告、万歳三唱、閉式と進みます。

主催者挨拶として中日本高速道路の宮池克人社長は「まず、先日の大雪により通行止めを行い、皆様には不便をおかけしたことをお詫びする。新東名の今回の開通により周辺の混雑緩和、物流の効率化による生産性向上あるいは地域の開発が促進されることを期待している。2020年度までに全線開通を目指して整備を進める」と話しました。

photo

photo

来賓祝辞として神奈川県黒岩祐治知事は「今回の神奈川県の開通で、ようやく一歩踏み出すことができた。県内の利便性が増し大きな恩恵をみんなで受けることができるのは、土地を提供してくれた地権者の皆様のおかげだ。感謝しなくてはならない」と話しました。

11時5分より、厚木南IC付近本線上(神奈川県厚木市戸田地先)で中学校吹奏楽による演奏ともに鋏入れ式が始まりました。

photo

関係者と地元小学生により、鋏入れと久寿玉開披が同時に進みます。イメージキャラクターは左から、みちまるくん(NEXCO中日本)、えび~にゃ(海老名市)、あゆコロちゃん(厚木市)が参列しました。

11時30分より、同じく厚木南IC付近本線上で開通パレードが始まりました。

photo

関係者車両、地元企業のトラック、参列者のバスが厚木南IC方面へ向かって約0.8kmをパレードします。反対車線では地元2団体による神輿(みこし)も式典を盛り上げます。

「E1A新東名高速道路(海老名南JCT〜厚木南IC)開通式典」はここまでとなります。

photo

新東名の一部となる海老名南JCT〜厚木南ICの開通により以下のような効果が期待されます。
・物流の効率化による生産性の向上や地域開発
・海老名JCTなどの混雑緩和における移動時間の短縮