首都高速道路 晴海線(晴海~豊洲)開通式典

首都高速10号晴海線は、都心部と高速湾岸線を結ぶ首都高速道路です。
2018年3月10日、「首都高速道路 晴海線(晴海~豊洲)開通式典」が行われました。

photo

東京臨海部や晴海・豊洲地区では、商業・オフィスビル・高層マンションなどによる複合市街地形成が進んでいます。さらに今年10月の豊洲市場の開場や2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を踏まえて、晴海線や環状第2号線など幹線道路の整備が進められています。

2018年3月10日16時、晴海線の延伸部分となる晴海~豊洲の約1.2kmが開通しました。2009年2月に開通した豊洲~東雲JCT(しののめジャンクション)の約1.5kmと合わせて、晴海線は延長約2.7kmになります。

photo

今回の開通により、銀座方面と湾岸線のアクセスがより向上し、9号深川線や11号台場線のバイパス的役割が期待されています。工事費は約300億円です。
2018年2月7日には報道機関に「首都高速道路 晴海線(晴海~豊洲)現場公開」されました。

開通式典は、晴海出入口付近の晴海四丁目特設会場で開かれます。

photo

photo

2018年2月18日に一般公開された「首都高速道路 晴海線(晴海~豊洲)開通記念イベント ~晴海線スカイウォーク~」で寄せられたメッセージが掲示されています。

10時に開通式典が始まりました。開通記念式典、開通セレモニー、通り初めで構成されます。主催は首都高速道路株式会社で、招待者は約190名です。
開通記念式典は、開式、主催者挨拶、工事経過報告、御来賓祝辞、御来賓紹介、閉式と進みます。

photo

主催者挨拶として首都高速道路の宮田年耕社長は次のように話しました。
「開通により臨海部と都心のアクセスが強化され、より便利で快適な暮らしを提供できると期待している。具体的には晴海地区全体の混雑緩和に寄与し、晴海地区と羽田空港のアクセスが向上する。また、災害発生時における救命活動や物資輸送に重要な役割を果たし、湾岸部と都心をつなぐルートが強化される。自動車の交通騒音の低減や交通安全性の向上も図っている」。
来賓祝辞として、秋元司国土交通副大臣、長谷川明東京都副知事が挨拶しました。

10時40分からは開通セレモニーとなります。同じステージで、鋏入れ、くす玉開きと進みます。

photo

鋏入れには月島第三小学校の16名も参加しました。

11時10分、晴海線の本線上へ移動して、通り初めとなります。

photo

通り初めのみ参加する小池百合子東京都知事に合わせて、通り初めは時間を開けて第1陣と第2陣の2回になりました。

「首都高速道路 晴海線(晴海~豊洲)開通式典」はここまでとなります。

photo

晴海線の一部となる晴海~豊洲の開通により、以下のような効果が期待されます。
・晴海地区全体の混雑緩和に寄与
・臨海部の防災機能を強化
・湾岸線と都心をつなぐルートがさらに強化

都心と東京臨海部を結ぶ環状第2号線は、市場移転の遅れにより、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際に一部が片側1車線となる暫定道路で開通します。そのため東京都では、オリンピックの会場間での輸送は主に首都高晴海線にすることを検討しています。

公式:首都高速晴海線 晴海出入口~豊洲出入口 _ 東京SMOOTH