東京メトロ銀座駅リニューアル 報道公開

鉄道

東京メトロ銀座駅は、銀座線、丸ノ内線、日比谷線が乗り入れる駅です。リニューアルが完了した銀座駅が報道機関に公開されました。

1934年3月3日に銀座線の銀座駅が開業、1957年12月15日に丸ノ内線、1964年8月29日に日比谷線が開通したことで現在の駅構造が形づくられました。2019年度一日平均の乗降人員は約25万7千人で、東京メトロの管理駅では乗降人員が4番目に多いターミナル駅となっています。

銀座線は1927年に浅草─上野間で営業を開始しました。2017年に開業90周年を迎え、「伝統×先端の融合」というコンセプトで路線のリニューアルが行われています。全駅の改装、ホームドアやバリアフリー設備の整備、新型車両の導入などが進みます。大規模なリニューアルは1964年以来となります。
全駅の改装として2012年、銀座線の魅力向上に寄与する様々なアイデアを公募するデザインコンペを5つのエリアコンセプトごとに開催しました。

photo
資料:東京メトロ

浅草─神田の下町エリアはすでにリニューアルを終えています。今回は商業エリアの日本橋駅、京橋駅、銀座エリアの銀座駅、トレンドエリアの青山一丁目駅、外苑前駅という5駅のリニューアルが完了しました。銀座駅は銀座エリアという一駅だけの区分けになっていて、東京メトロの駅の中でも特別な位置付けであることがわかります。

銀座駅のデザインコンセプトは「憧れの街」です。銀座に漂う「上品さ、優雅さ、高級感」を感じられるように、明るさや洗練さを併せ持った空間を演出しています。以下の4つのポイントを軸にリニューアルしました。
1)きれいな銀座らしい駅へ
2)乗り換えをよりわかりやすく
3)バリアフリー設備整備
4)パブリックアート
設計は日建設計、施工は大成建設。費用は約220億円です。

新しくなった銀座駅を見ていきます。リニューアル前の出入口です。

photo
提供:東京メトロ

photo

リニューアル後の出入口です。リニューアルに際して、出入口は2015年6月に決定した銀座線デザインコンペの最優秀賞のアイデアを具現化しました。格式あり銀座にふさわしい、上品で落ち着きのある空間に仕上がっています。

これまでの改札口は閉塞感があり、凡庸で味気のない改札口でした。

photo
提供:東京メトロ

photo

光の柱で路線のイメージカラーが表現されたため、利用する路線が一目でわかるようになりました。銀座線のイメージカラーである黄色が視界に広がります。

光の柱を近くで見ると、間接照明による地紋で構成されていることがわかります。

photo

路線ごとに色と形が選定されています。これにより、「わかりやすさ」と「美しさ」を追求しています。

photo
資料:東京メトロ

銀座線:レモンイエロー/黄色・やわらかな光、丸・GinzaのG
丸ノ内線:チェリーレッド/赤色・いごこちのいい光、三角・MarunouchiのM
日比谷線:シルバーホワイト/銀色・シャープな光、四角・HibiyaのH

銀座線の改札口を進むと、地上の街が天井部に丸く描かれています。

photo

地下にいながら地上の様子がわかるよう、主だった建物が建っている方向に表現されているのが特徴です。朝(始発から午前7時)、昼(午前7時から午後4時)、晩(午後4時から終電まで)と、時刻によって空の明るさが変化します。

ホームへ降りる階段も、全体の構成により銀座線であることが明確に表現されています。

photo

photo

ホームから改札口への階段を見上げると天井部に描かれている絵が視界に入り、地上部に建つ建物のおおよその方向がわかります。

銀座線のホーム壁面には、1920年から銀座線開通100周年となる2027年までの銀座の街並みが、時代の節目ごとに描かれています。黒色に塗布したアルミを削って表現するスクラッチと呼ばれる技法で描かれた壁面の絵は、入線した列車の明かりで深く浮かび上がります。

photo

photo

1934年は銀座駅が開業しました。銀座線が大きく描かれています。

東京オリンピックが開催された1964年。しっかりと示された五輪が目に飛び込みます。

photo

photo

2010年、そしてこれからの2027年。どのような未来が待っているのでしょうか。

改札口を出て、各線の連絡通路を移動します。

photo

テーブルと電源が設置され、パソコンで自由に作業できるスペースがあります。

銀座駅は銀座線と丸ノ内線が並行に走り、2つ路線をつなぐ形で垂直に日比谷線が走ります。
銀色のイメージカラーを持つ日比谷線の改札口です。

photo

photo

日比谷線の改札口を進むと、地上の街が天井部に四角く描かれています。

赤色のイメージカラーを持つ丸ノ内線の改札口です。

photo

photo

丸ノ内線の改札口を進むと、地上の街が天井部に三角で描かれています。

駅内の随所には、特徴のあるパブリックアートが散りばめられています。通路の側面には、今でも活躍している擁壁がライトアップされています。

photo

photo

地下鉄の父と呼ばれる早川徳次(はやかわのりつぐ)が、これまで通り銀座駅を見守ります。

銀座駅の中心には、世界的なアーティストとして知られる吉岡徳仁氏のパブリックアート「光の結晶」が資生堂より新たに寄贈され、展示しています。特殊なファセット(切子面)が施された636個のクリスタルガラスを集積した光の彫刻です。

photo

吉岡氏は作品について次のように解説しました。「作品の輝きを設計する際に世界地図を用いており、光で世界を表現する構成になっています。クリスタルガラスより放たれた無数の光彩はひとつの巨大な光となり、その光には”地球に生きるものとして世界がひとつになる”という平和への願いが込められ、街を行き交う人々に輝きを与え、銀座駅の新しいシンボルとなります」

今回の銀座線リニューアルについて東京メトロ工務部第二建築工事所長の三丸力氏は「全面駅改装ということで、2万1500平米という広い空間の工事を進めてきた。深夜の3時間ほどの時間内で作業を進める必要があり、工事が3年にわたってしまい利用者にご迷惑をかけてしまった。明日からの新しい銀座駅がよかったねと言っていただけると幸いで、様々なお客様に利用してもらえることを期待している」と語りました。