東京メトロ 夜間作業(ホームドア設置工事)報道公開

鉄道

ホームから線路内への転落事故やホームにおける列車への接触事故を防止するため、東京メトロでは各線へのホームドアの設置を進めています。日比谷線上野駅のホームで、ホームドア設置の夜間作業が公開されました。

東京メトロは、2025年度までに全180駅へのホームドア整備を目指しています。2020年12月11日現在、銀座線、丸ノ内線、千代田線、有楽町線、南北線、副都心線の全駅、143駅(79%)で整備完了しました。残る日比谷線19駅、東西線14駅、半蔵門線4駅の37駅で整備が進みます。

ホームドアの設置は、終電後から始発前の夜間に行われます。構造など駅ごとの条件にもよりますが、着工から供用開始まで1駅につき約22か月を要します。ホーム下の支障物処理やホームの補強を約15か月で進めた後、約7か月かけて設置作業を行います。仮設していた設備の移設など、供用開始後も夜間作業が続きます。

photo

日比谷線上野駅の場合、ホーム片側のホームドア設置に約3か月、配線・調整・試験に約4か月の施工期間が必要になります。
ホームドアの設置作業には墨出し、ホーム床の穴あけ、基礎ベースの埋設、可動ステップ設置(7開口)、ホームドアの搬入と設置があります。ホームドアの設置後は、電源ケーブルや信号ケーブル約500本の施工、約70筐体のホームドアや制御盤の高さや傾き調整などを行います。

東京メトロでは2021年春のダイヤ改正において、終電時刻を概ね10分程度繰上げます。一晩あたりの作業時間を増やすことができるため、より安全かつ効率よく作業できるようになります。ホームドアの設置でも工程短縮などが可能になり、配線・調整・試験の工程を約5日間短縮できる見込みです。

深夜1時10分過ぎ、ホームドアを積載した搬入列車が1番線(中目黒方面)を通過し、仲御徒町駅で折り返して2番線(北千住方面)ホームに到着しました。1番線のホームドアは12月5日に設置が完了しています。

photo

搬入には通勤車両が使用されます。

1時15分頃、列車から設置するホームドアを積み下ろし、ホーム側の作業を開始しました。35台のホームドアを約50人の作業員で設置します。

photo

photo

緩衝材で保護されているホームドアを定位置に仮置きします。

この日に設置するホームドアのスペックは以下の通りです。
台数:台数:ドア28開口分 35台(ホーム片側)
開口幅:2200mm
重量:(大)約650kg (小)約250kg
寸法:(大)横幅2,620mm × 高さ1,350mm × 厚さ200mm
   (小)横幅1,370mm × 高さ1,350mm × 厚さ200mm

photo

photo

作業はホームの両端から中央に向かって進められます。


(動画1分06秒)

1時間40分ほどでホームドアの設置が完了しました。2時50分、ホームドアを搬入した列車が出発します。

photo

この後は線路側の作業、3時10分から安全確認が行われます。

ホームドアの設置前と設置後を比較すると、安心感が増していることを実感できます。

photo

photo

供用開始までの約4か月間は配線・調整・試験が行われるため、ホームドアはあっても扉が閉まらない開固定期間となります。開固定期間には以下のような事故防止対策を実施します。
・警備員の追加配置(ホーム監視、見守る目の強化)
・音声案内装置の設置(ホームドア工事中のアナウンス)
・駅構内の張り紙によるホームドア工事期間の周知(工事期間のお知らせ)
・駅構内に「お身体の不自由なお客様等を見守る風土の醸成」ポスターの掲出
・積極的な駅構内放送の活用による放送の強化

日比谷線上野駅のホームドア供用開始は2021年2月下旬の予定です。

photo

今回のような新しい設備の設置や保守点検は深夜に行われるため、人手不足が大きな課題になっています。東京メトロでは今後、働き方改革をより一層進め、安定した人材確保に努めたいとしています。